土地活用ガイド | 大阪府周辺の不動産をお探しなら不動産ナビショップ ワンズ・スタイル合同会社にお任せ下さい。

ワンズ・スタイル合同会社

営業時間10:00~18:00定休日水曜日

遊休地とは...何も利用されていない(利用されずに遊んでいる)土地のこと。

弊社では、使わなくなった土地や遊休地などをお持ちのオーナー様への有効活用方法をご提案しています。
使っていない土地をお持ちの方はぜひご相談下さい。

こんなお悩みありませんか?

・所有している土地を有効活用したいが、どうしたらいいか分からない

・老後のために安定した資産運用方法を探している

・相続した土地の管理に困っている

・遠方に所有している不動産の管理が大変なのでなんとかしたい

・所得税や固定資産税などの税金を軽減したい

弊社では、お客様のお悩みに合わせた
最適な不動産活用プランをご提案させていただきます!
ぜひ、ご相談ください!

土地活用のメリット

1 使っていなかった土地から収益を得られる

しっかりと計画を立てて活用していくことで中長期的な収入を得ることができます。また、売却すると一度にまとまったお金を得ることもできます。

2 節税対策

土地を所有していると固定資産税・都市計画税などを支払う義務がありますが、土地の活用方法次第ではこれらの税金を安く抑えることも可能です。

3 地域貢献

空き地を減らし、居住用アパートや福祉に役立てる事は地域や社会への貢献につながります。  

土地活用の押さえるべきポイント

まずは目的を明確にすることが大切です。

土地活用にも様々な方法が存在するため、目的に最適な活用方法を選択することが資産運用の第一歩です。

・納税額を減らしたい

・収入を得たい

・不動産オーナーになりたい

・遊休地をなんとかしたい

など、土地主様のご意向をお聞かせください。

様々な土地活用方法

1 売却する

不動産会社が直接買い取る「買取」または、不動産会社が仲介し買主を探す「仲介」のいずれかの方法にて売却します。

メリット

・まとまったお金が得られる
・固定資産税を支払う必要がなくなる

デメリット

・仲介手数料、登記費用、譲渡所得税などが発生する

ポイント

事前に収入額と支出額を計算し売却計画を立てることが大切です。

2 借地にする

土地を貸し出し、地代で収益を得る方法です。
借主は農耕や資材置き場をはじめ、立地が良ければ借主が家を建てる場合もあります。

メリット

・初期費用が比較的かからない
・転用性が高い

デメリット

・収益性が低い
・借主の活用方法によっては減税制限や借地期間などの条件が付く場合がある

ポイント

地域により需要が異なるため、市場調査をしっかり行うことが大切です。

3 アパート・マンション経営

アパートやマンションを建設して賃料で収益を得る方法です。
住宅街や駅チカ・大学近くなど人を呼び込める立地であることが望ましいです。

メリット

・収益性が高い
・入居者が途絶えない限り継続的な家賃収入が得られる
・固定資産税や相続税などの節税対策になる

デメリット

・まとまった初期費用が必要
・空室が続く場合、家賃収入が減少するため、空室対策が必要

ポイント

立地によって収入が左右されやすいため、数年先を見越した調査と計画が大切です。

4 戸建て賃貸経営

一戸建ての住宅を建設して入居者と契約を結び、賃料で収益を得る方法です。
小さな土地からも始めることができます。

メリット

・継続的な家賃収入が得られる
・固定資産税や相続税などの節税対策になる
・狭小地や変形地でも始められる
・売却しやすい

デメリット

・まとまった初期費用が必要
・空室が続く場合、家賃収入が減少するため、空室対策が必要

ポイント

立地によって収入が左右されやすいため、数年先を見越した調査と計画が大切です。
また、1家族にしか貸せないため、空室対策が重要ですが、反対に1家族の借主が見つかればアパートやマンションのようにいくつもの空室を埋める必要はありません。

5 月極駐車場

土地を駐車場用に整備し、駐車場利用希望者と契約を結び、賃料で収益を得る方法です。

メリット

・初期費用が抑えられる
・転用性が高い
・狭小地や変形地でも始められる

デメリット

・アパート経営などと比較して収益性が低い
・空車が続く場合、賃料収入が減少する

ポイント

狭小地や変形地などでも活用できますが、地域によって需要が異なるため、
しっかりとした調査と計画が大切です。

6 コインパーキング

専門業者に土地を貸して地代で収益を得る方法と専門業者から機械を購入して時間貸しで収益を得る方法があります。

メリット

・初期費用が抑えられる
・転用性が高い
・狭小地や変形地でも始められる
・専門業者に土地を貸している場合安定した収入源になる

デメリット

・アパート経営などと比較して収益性が低い
・時間貸しの場合、利用率が悪いと賃料収入が減少する

ポイント

狭小地や変形地などでも活用できますが、地域によって需要が左右されやすいため、しっかりとした調査と計画が大切です。

その他、太陽光パネルの設置・福祉施設や高齢者施設の経営・自動販売機の設置・コインランドリーの経営など所有されている土地の条件によって活用方法も様々です。

土地主様のご要望や立地・条件に合ったご提案をさせていただきますので、
まずはご相談ください。
土地活用相談フォーム
  • STEP1 お客様情報を入力
  • STEP2 入力内容を確認
  • STEP3 お問い合わせ完了

必須は必須項目です。

お問い合わせ内容
  • 現在の状況

  • ご相談内容

  • お名前
  • 必須

  • フリガナ

  • 電話番号

(半角数字)

  • メールアドレス
  • 必須

(半角英数字)

  • 当社からのお知らせ

プライバシーポリシー

不動産ナビショップ
ワンズ・スタイル合同会社(以下「当社」といいます)は、 当ウェブサイト(以下「本サービス」といいます)に係る当社のプライバシーポリシーとして、以下の個人情報保護に対する基本方針及び個人情報に関する公表事項を定め、公開いたします。

【個人情報保護に対する基本方針】

当社は、不動産仲介業をコアビジネスとして、本サービスを提供しております。 全てのお客様に安心してお付き合い頂くために、 本サービスを通じてお預かりしております個人情報を安全に管理することが至上命題であると考え、 プライバシー保護を当社の企業活動における社会的責任と捉えています。 当社はこの責任を果たしていくために、以下の個人情報保護方針を定め、個人情報の適正な取り扱い、維持、管理に誠心誠意努めます。

1.対象

当社は、本サービスに係る個人情報の保護に関し、本保護方針を適用いたします。

2.個人情報の収集・利用・提供

当社は、皆様の個人情報に関して、ご本人の同意なく無断で収集・利用することはありません。 同意いただいた場合でも、あくまで同意を得た範囲内で且つ当社が定めた利用目的の達成に必要な範囲内でのみ使用し、 当該個人情報は同意がある場合、法律上要求されている場合及び利用目的の達成に必要となる範囲内で委託する場合を除いて、第三者に提供いたしません。

3.個人情報の安全保護

当社の保有する個人情報は厳重に管理されています。 個人情報への不正アクセスや個人情報の盗難、紛失、破壊、改ざん、漏洩(ろうえい)等を防ぐため、個人情報の保存・管理・廃棄ルールの徹底、社内ルールを定めて徹底し、 その予防に努めます。

4.法令・社内規定の遵守

当社は、個人情報に関する諸法令、所轄官庁の定める諸規則の遵守に努めます。

5.苦情・相談への対応

当社は、当社の個人情報の取り扱いに関してご本人又はその他の方から苦情又は相談を受けた場合には、誠実にこれに対応し、 また必要に応じて当社における個人情報の取り扱い方法を改善いたします。

【個人情報に関する公表事項】
1.当社の名称

不動産ナビショップ
ワンズ・スタイル合同会社

2.個人情報保護に関する責任者

代表社員 牛迫 敬太

3.個人情報の利用目的の公表に関する事項

当社におきましては、本サービスを通じご本人からお預かりした個人情報を、当社商品・サービスのご案内、サービスの提供、個人認証等のために利用させていただきます。 その他の利用目的において利用する場合には、利用目的が明白である場合を除いては、ご本人からの取得の都度、利用目的を明示させていただきます。

4.認識し得ない方法による個人情報の収集

本サービスでは、利便性の向上のため、ご本人が利用するWebサーバーに記録されたCookieを自動的に取得して利用する場合があります。

4-1.Cookieとは

Cookieとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。次回、同じページにアクセスすると、Cookieの情報を使って、ページの運営者はお客様ごとに表示を変えたりすることができます。お客様がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザからCookieを取得できます。なお、お客様のブラウザは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したCookieのみを送信します。

4-2.Cookieの設定について

お客様は、Cookieの送受信に関する設定を「すべてのCookieを許可する」、「すべてのCookieを拒否する」、「Cookieを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。設定方法は、ブラウザにより異なります。Cookieに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。
すべてのCookieを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。

4-3.当社がCookieを使用して行っていること

以下の目的のため、当社はCookieを利用しています。
・お客様が認証サービスにログインされるとき、保存されているお客様の登録情報を参照して、お客様ごとにカスタマイズされたサービスを提供できるようにするため
・お客様が興味を持っている内容や、当社のサイト上での利用状況をもとに、最も適切な広告を他社サイト上で表示するため
・当社のサイトの利用者数やトラフィックを調査するため
・当社のサービスを改善するため
・セキュリティー保持のため、ご利用から一定の時間が経過したお客様に対してパスワードの再入力(再認証)を促すため

5.保有個人データに関する事項

メールお問い合せフォームを使ってお客様からお問い合わせを頂く際に取得するお客さまの情報についてご本人確認、お問い合わせ対応、各種案内送付、及びその他サービス提供を行う目的のみに利用します。

6.個人情報の第三者提供

当社は、法令で許容される場合の他は、ご本人の事前の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはございません。

7.開示等の求めに係る手続き

当社では、保有する個人情報のご本人から個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、 消去及び第三者への提供の停止(以下まとめて「開示等」といいます)があった場合には、係る個人情報がデータベース化され長期保有することが予定されている場合であって、 当社が開示等を行う権限を有している場合には、法令上の根拠を確認の上で、これに応じさせていただきます。

(1) 開示等の求めの対象となる項目

5に記載の個人情報に係るすべて

(2) 開示等の求めのお申し出先

〒 532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島4-9-22 新大阪弘栄ビル604

TEL 06-6100-5841 FAX 06-6100-5843

(3) 開示等に際して提出する書面・手数料

当社においては開示等に際して使用する特定の書式は定めておりません。また当社では開示等について手数料は徴しておりません。

(4) ご本人確認

開示等にあたってはご本人確認のため運転免許証、パスポートなどの写真付き身分証明書の写しをご送付願います。 また代理人によるご連絡の場合には代理関係を証明する書類を共に送付願います。

(5) 回答方法

原則として書面により回答いたします。

8.苦情の受付窓口

7(2)に同じです。なお当社の所属する認定個人情報保護団体等はありません。